Skip navigation

最近やっと、分かって来たことですけど。というか、気づくのが遅いよ・・・^^;

先に結論を言いますと。

異次元ボックスというのは、RSの相場を安定させる為の材料であると言えます。

それについて、僕なりの解釈を少しお話しますね。

異次元欲しいが為にロト買いあさるのはやめることにしました。

ロトとの上手なつきあい方も、RSをしていくなかで、大事なことなんですね。

pissboyはどうも、「RSというゲームを数値的に解釈しすぎるとつまらなくなる」

という大雑把な考えでしたが、間違っていました。

「RSというゲームと永く付き合うためには、リアルマネーとか時間を有効に使うことが大事」

だと、改めて実感したんですね。

よく考えてみたら、分かると思うんですが。

相場

というものは、需要と供給のバランスによって、落ち着いてくるものです。

そこで、ちょっとした計算をすれば分かることではありますが、

異次元の値段が大体9億ちょい。

メインクエ報酬の異次元の価格も10億。

比較するのはズルだしpissboyはしませんが、10億ゴールドのRMTの値段が大体2万円。(変動あり)

とすると、異次元を当てる為に平均的に必要なロト購入額は、2万円というのが平均的な金額という、大方の見当なわけですね。

ところが。

リアルマネーを2万円投資し、ロトボックスを40個買っても、異次元ボックス・職業鎧(ヒコとかね)・DXU職鎧・チケット類

が当たる確率が、1/40よりもかなり低いんです。

例えばパチンコをやらない人も知ってるくらい有名な「海物語」という台がありますが、あれの確率は大体300分の1くらい。

ロトボックスで異次元を出すには、金額的にいうと、海物語で1回ボーナス当たりを出すよりもお金が掛かる計算になるんですよね。

やっぱり、もう少し異次元ボックスの敷居を下げてもらった方が、REDSTONEというゲームバランス的にも良いんじゃないかと思いますけどね〜

天上の鉄床くらいの出現率で良いと思いますけど・・・

どうです?運営様。

ちなみに、相場のことで、続きますが。

よーく考えてみたら、おかしなことに気づくんですよね。

増幅・再構成の代行ってあるじゃないですか。

あれって、通常黄鯖では代行料60Mくらいが相場ですね。

だったら、異次元もそれくらいの額で代行できなくては、相場としておかしいはずなんですよ。
でも、異次元と鏡はロトで出るから、 多少の違いは出て来て良いはずなんですけど、

だとしても、運営が考えているロトで出た異次元ボックスの価格は10億以上で売れれば良いと考えているってことですよね。

そこが、相場というよりも、運営の戦略というやつですね。

もし、異次元ボックスが地下で9億以下でゲットできてしまったとしたら、みんな地下行っちゃうでしょ。

でも、実際はそうは行かないんですね。

ロトボックスから出た異次元を売る人が、9億以下で売っちゃうだろうから。

地下の報酬でゲットできる異次元の価格を10億にしておくことで、ロトボックスから出た異次元の価格を9億以上10億以下くらいに設定できるってわけです。

ちなみに、職鎧(DXU含む)も、同じ原理ですね。

これにより、価格の異常な高騰や下落をある程度押さえ込んでいるわけです。

と、いうのがpissboyの解釈です。

それに協力する為に、自らのリアルマネーを投じるほど、pissboyのおこづかいは多いわけじゃないので、

「まったくやらないわけじゃないけど、控えよう」

と、思いました。

ちなみに、もし、ロトボックスを買う人が居なくなったり、RS人口が現在の半分とかになったら(当然ロトする人も減るので)、ロトで出る職鎧DXUや、激レア武器などの値段が高騰すると思われます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。